読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょろきょろ(๑´• ₃ •̀๑)

特にWeb系についてのことを書いていきたいと思います。 基本的にメモ書きみたいなものです。

Laravel5のインストールおよびプロジェクトの作成(Windows)

Laravel PHP Laravel5

私の環境

私が利用している環境としては、XAMPPをインストールし、XAMPPでApacheサーバを立ち上げています。

Laravel5のインストール

以前にも、ほぼ同様の記事を書きましたが、少し読みやすくしました。
Composerを利用してLaravelをインストールします。Composerとはライブラリの管理ツールであり、ライブラリの依存関係を基に、必要なものをインストールしてくれるというツールです。Windowsの方はこちらからダウンロードが出来ます。
https://getcomposer.org/Composer-Setup.exe
Windows以外の方は、こちらからいけるのではないでしょうか?
https://getcomposer.org/download/
Composer のインストールが終了後、Laravle5のインストールに入ります。Laravel5の公式サイトに書かれているように、インストールコマンドを実行します。Installation - Laravel - The PHP Framework For Web Artisans

composer global require "laravel/installer=~1.1"

このコマンドを行うことでLaravelをインストールできます。

Laravelのプロジェクトの作成

次に、Laravelのプロジェクトを作成します。まず、プロジェクトの作成するディレクトリに移動します。

cd C:\xampp\htdocs

その後、プロジェクトの作成を行います。

composer create-project laravel/laravel [プロジェクト名] --prefer-dist

Laravelのバージョンを指定したい場合は、確かめていませんがこのようにすることで出来るみたいです。

composer create-project "laravel/laravel=~[version]" [プロジェクト名] --prefer-dist

[version]を4.2にすると、Laravel4を利用できるみたい。
composer create-project でインストールされるバージョンを指定する - Qiita

Laravelのページを表示

後は、http://localhost/[プロジェクト名]/publicに接続すると、ページが表示されます。

composerを60日以上使っていなかった場合

f:id:ferretdayo:20160215130333p:plain

このような感じになると思います。この場合は、

composer self-update

をすると、今まで通り使えるようになります。